生活に余裕がなくなり、借りました

化粧品会社に勤めていた私。仕事内容は広報と会社の顔と言われる職業でキレイに着飾ってなんぼの世界でした。化粧品に服装に、先輩や上司との付き合いにランチに行ったりすると月20万円程のお給料はすぐに飛んでしまい、貯金をすることもままならない状態に。

それでも皆の前では笑顔で優雅に過ごしていましたが、20代前半~後半になっても変わらない生活に不安を抱きだしたのも事実です。ある日、仲の良い先輩に実はお金に困っているんだけど、千敗はどのようにすごしているかを相談しました。

すると、意外にも先輩は借金を持っていて、私の上司に当たる人もブランドで着飾っているけど実は借金があるとのこと。これには驚きました。皆普通の顔をして、意外と借金を抱えていることを知ったからです。それでも、最初は借金に抵抗があるし借りる日が来るとは思っていませんでした。

先輩の話を聞いて少し借金に対しての考え方が変わっていたのでしょうか、いつもであれば結婚式が続いてもなんとかやりくりをしてどこかの会社から「お金を借りる」という考えがなかったのに、生活の水準を下げずに結婚式に出れるのでは?と思いドキドキしながら借りたのが始めて借りたきっかけでした。

思っていたよりもすんなり借りることが出来て、返せる目処があるなら何も不安がる必要がないのだなと思ったのが経験上の感想です。ただ、先輩はビザで毎月1・2万円程しか返済していないようで50万円以上の借金があるとのこと。

お金の管理が出来ない人にはオススメ出来ませんが、しっかり管理出来るのであれば、生活に余裕が戻ってくるし、お金を借りるということはけして悪いことではないと思います。

今日中にお金借りるカードローンとは?

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10

このブログ記事について

このページは、pjが2014年11月19日 16:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「10秒で審査結果が一応でました」です。

次のブログ記事は「アコムでの借入とその後について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。